Research

ヒトとクルマとの関係に
奇跡を起こす

ハイブリッド車や電気自動車、自動運転の登場により、エネルギー産業、ICT産業なども参入している自動車業界。自動車システム開発工学科は、「車好きの集う、東の技術サロン」として、産学連携で技術や情報を共有することができる新しい形態の開発チームをつくるべく、大学初のプロジェクトを始動させています。

危険を予知する「運転知能」を
高める研究

  • 自動運転
  • 運転支援
  • 知能化
  • コネクテッド・カー
  • IMU
  • デッドレコニング
  • 次世代自動車
  • 画像認識
  • AR
  • 予防安全
  • リスクポテンシャル
  • プロトタイプ

上手いドライバは周りを良く見て経験と照らし合わせることでリスクを予知 し安全でスムーズに運転します。プロトタイプ車両と先進技術を駆使して「友達のように運転を助けてくれる車」「運転する楽しさがあり,安全で頭の良い車」の実現を目指しています。

フォーミュラ・ハイブリッドの研究

  • ハイブリッド電気自動車
  • デジタルモックアップ
  • Formula Student
  • プロトタイピング
  • 工学教育
  • キャパシタ
  • ターボエンジン
  • CAE
  • CAD
  • ボデー

キャパシタ・ハイブリッドトラックの商品化(国産初)の際の開発経験を活かして,エンジン,バッテリ,ハイブリッドシステム,クルマ丸ごと1台の設計・製作 について研究しています。学生と教員が一緒になってわいわいがやがやとクルマをつくり,皆さんの成長と環境対応の両立を目指しています。

乗る価値のある車両を実現する
運動制御則の研究

  • 車両運動制御(ビークルダイナミクス)
  • 先進自動車
  • 自動運転
  • 操縦安定性
  • ドライビングシミュレータ
  • 知能化
  • 運動方程式

運転技術に関わらず安定した走行を実現するG-ベクタリング制御(GVC)は 本学発の研究が商品化された画期的な技術です。度重なる実車実験,ドライビングシミュレータを用いた実験,理論・制御則の検討により技術を研ぎ澄ましています。上手い・速い・安全なドライバの運転 動作の実現を研究しています。

複数の自動車間の空力干渉を解明する

  • 数値計算(コンピュータプログラミング)
  • 流体力学
  • 空力干渉
  • 水槽実験
  • ナビエ・ストークス
  • カルマン渦
  • レイノルズ数
  • ロボットマニュピレータ

複数の自動車が隊列走行(縦に並んで走行)したり、すれ違うときの空力干渉について模型実験と数値シミュレーションを行っています。隊列走行では前後の車両の空気抵抗の低減を、すれ違い走行では走行安定性の向上を目指しています。

3Dプリンタによる歯車試作の検討

  • プロトタイピング
  • 工業製品
  • 3次元プリンタ
  • 数値計算
  • コンピュータ
  • ソフトプログラミング
  • シミュレーション
  • 画像認識
  • Open CV
  • Raspberry Pi
  • Linux
  • Python
  • C++

民生用の安価な3Dプリンタでもプロトタイピングによる工業製品の出力が可能であるか,インボリュート曲線による標準平歯車を試作して研究しています。造形時の解像度や熱収縮誤差による寸法への影響等について実働部品を試作する観点から検討を行っています。
名刺サイズのコンピュータであるラズベリー・パイと測距センサを用いたロボティックビークルの研究や画像認識のライブラリを用いた信号認識のプログラミング例についても研究しています。

燃料電池車・エコラン車・スマートモビリティ

  • 電動化
  • ゼロ・エミッション・ビークル
  • 再生可能エネルギー
  • 代替燃料
  • 太陽エネルギー
  • 燃料電池車
  • パーソナルモビリティ・ビークル
  • pico-EV

災害などでガソリンが枯渇しても水素や電気で走行することができるゼロ・エミッション・ビークルやエコラン車の開発を行っています。マイコン・電子回路を含む試作車を学生同士の分業で行い設計・製作し,1台のシステムとしてまとめ上げています。micro-FCV(小型燃料電池車)やpico-EV(単3電池6本で走行できる超小型車両)など数多くのコンテストで走行し国際会議でも多数の発表実績を残しています。

圧縮空気エンジンで走行する車両の研究

  • 再生可能エネルギー
  • 代替エネルギー
  • 代替燃料
  • 代替エンジン
  • 自動車エンジン工学
  • 燃焼
  • スターリングエンジン
  • 調査研究
  • エネルギー賦存量

コンプレッサーで圧縮した空気でエンジンを作動して走行する3Vプロジェクト車両の開発例です。卒業研究ではさらに進んで,熱力学や自動車エンジン工学の専門性を活かして数値計算によるエンジン挙動の再現等について研究を行っています。

エネルギーを自給しながら走る
Solar EVの研究

  • ソーラーEV
  • パーソナルモビリティ・ビークル
  • IoT
  • マイコン制御
  • 電動化
  • コンバートEV
  • BMS
  • Genuino
  • 太陽エネルギー利用
  • 太陽光・熱複合利用

太陽光発電によりエネルギーを自給しながら不整地でも走行することができるクローラ型のSolar EVやコンバート電動バイクなど,ユニークな車両の研究を行っています。マイコンによる組み込み制御やモータ・インバータ,バッテリの電子制御に関する研究も行っています。

自動車システム開発工学科 研究室紹介

講義資料の配布

卒業研究論文要旨(修士論文要旨)やそれらの執筆要領,3D CADの使用法,CAD/CAEテキストなど,V科在学生向けの資料を一部公開しています。manabaポートフォリオやK-bookなど,e-Learningでの資料配布手段を補うためのものです。